2009年09月29日

テニスの女王終わり方は惨敗

歳をとるってゆうのはつらいよね。

テニスの杉山愛選手が今季限りで引退します。
その最後の試合となる東レ・パンパシフィック・オープンの
第二日目シングルス1回戦に登場しました。

杉山愛選手の対戦相手はロシアのナディア・ペトロワ選手で
第一セットを0−6でおとした後、第二セットを1−2としたところで
杉山選手が体調不良のため途中棄権をしたそうです。

そうそう、永遠の美しさは通販ビューティーローズが約束してくれます。

シングルスの試合はこれが最後となってしまいました。
杉山選手自身も「この終わり方は残念」というとおり、
体調不良による棄権は選手にとっては悔しい終わり方でしょう。

あと、歳をとってもエアロバイクで体力づくりはできますからね。

でもダブルスでは勝ち残っていますので、
杉山選手がテニスをしている所を見る事がまだできますね。

杉山、シングルスは途中棄権=第2セットで体調不良訴え−東レテニス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000046-jij-spo

参考:ユーザー車検

最近(28日)のランキングは96位で、対戦相手のペトロワ選手は
13位だったそうです。
格上の選手との戦いで気負いを感じるほど
キャリアは浅くないはずですから、体調不良は精神的なものではないのでしょう。

残されたダブルスの試合では全力を出し切って、
いつもの杉山選手を見せてもらいたいと思います。

永遠の若さが欲しいです。
posted by chiekoS at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。