2009年11月07日

スーさん役の人がもう歳だしね。

人を変えてまたすればいいのに。

「釣りバカ日誌」がついにファイナルを迎えました。
国民的人気映画のファイナルとあって、それを記念したパーティーには
これまでの作品に出演した数多くの芸能人や関係者が集まったようです。

それから、海といえばポイ捨て多いですよね。そんなんならみんあ電子タバコにしなさいよ。

「釣りバカ日誌」の始まりは1988年。
香川県高松市を舞台にスタートした映画も22作品にも上りました。
“ハマちゃん”を演じてきた俳優の西田敏行さんは
「浜崎伝助を演じてこられて幸せです。」とこれまでの作品について
感想を語りました。
大御所俳優の三國連太郎と22年間も同じ作品に出演出来た事も
感謝したいと涙もろい西田さんは声を震わせながら話していたそうです。

あと、釣った後の魚はジェルマットを使えば腐りにくいです。

西田敏行「釣りバカ20」大感謝祭で過去ゲスト結集に万感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091104-00000016-eiga-movi

パーティーに参加できなかった歴代のマドンナを演じた女優さんからも
メッセージが届けられたそうです。
なかでも育休中の宮沢りえさんは
「ハマちゃん、スーさんコンビは日本の宝です」
という称賛の言葉を送っていました。

参考:敷きパッド

これでもう「釣りバカ日誌」は見納めかと思うと淋しく思う人が
どれだけ日本中にいる事でしょう。
こんなにたくさんの人に親しまれた映画が終わってしまうのは、
本当にさみしいものですね。

釣りブームが去ったからかな。

posted by chiekoS at 10:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。