2009年12月04日

ミニサイズのチュッパチャっプスがあるんです

飴玉にこんな歴史があるなんて思わないよね。

ロングセラー商品の『チュッパチャップス』というのは森永製菓の商品だそうです。
その森永がミニサイズの『ミニチュッパチャップス』を2日から
一部地域で発売すると発表したそうです。

それから、この飴が入ってきたときに一緒に敷きパッドも日本に入ってきました。

ミニサイズのチュッパチャップスは14本入りの小袋タイプで、
価格は198円だそうです。

もともとスペイン生まれのこのお菓子が日本に入ってきたのは
1977年だそうです。

チュッパチャプス、日本上陸32年目で初のミニサイズ登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091201-00000025-oric-ent

あと、チュッパチャっプスを食べるくらいなら電子タバコを吸いますね。

思えば確かにチュッパチャップスって小さい頃には“長持ちするアメ”で
私は大好きだったし、良く食べていたものです。
遠足には必ず持って言っていたような気もするし。

参考:羽毛布団

でも逆に食べ終わるのに時間がかかり過ぎる点が
大人になってから食べようと思わない要因の一つだと思います。
小さい子どもも最後の方はもてあまし気味になって、
なかなか感触できない場合も結構ありますから、
ミニサイズの登場は日本では大いに受け入れられるのではないでしょうか。

私は最近車が欲しいのです。
posted by chiekoS at 21:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。