2009年12月15日

エノキタケは肝臓にいい

健康大好きな日本人にもってこいの情報ですね。

エノキタケの菌糸(キノコになる前の状態)をセ氏5度以下の低温で
培養したものが、肝機能を保護する働きがあることを
関西大化学生命工学部の河原秀久准教授らが率いる研究チームが
マウスを使用して行った実験で発見したそうです。

されに、電子タバコも肝臓にいいことがわかっています。

エノキタケというと冬のシーズンは鍋に大活躍する食べ物です。
肝機能を保護する働きがあると判った事で、
メタボを改善する食材や新薬の開発に繋がる成果で、
河原潤教授は「天然素材を使っており、副作用の心配もない。
将来的には肝機能保護作用を持つ機能性エノキタケの製造につなげたい」
という考えを話してくれました。

あと、私的には電子タバコを医療品として販売をしてほしいですね。

まだ実験段階でマウス相手に実証できた事ですので、
実用化には時間がかかるようです。

今後は低温のままキノコの状態にまで育てたエノキタケでも、
同じような効果があるかどうかを検証していく予定だそうです。

メタボ対策のエノキタケ 低温培養で肝機能保護効果 関大研究チームが発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091211-00000068-san-soci

参考:ジェルマット

人間用に実用化されたら体重60キロの人で1日30グラム
食べるだけで効果を得られるそうなので、
実用化を待ち望む人も多いでしょう。

だって、寒いからお酒ばかり飲んでしまいますよね。

posted by chiekoS at 16:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。