2010年06月08日

森昌子が子宮全摘出を告白

女性の子宮の病気は本当に怖いですよね。

でももういい加減そんな悠長なことを言っていられる
年齢じゃなくなっているので、乳がん検診も併せて
受けるようにしたいと思います。
(とか言いつつ先延ばしにしてるんですが)

女性もリラックスが必要なので、羽毛布団専門店のオーナー日記でいい布団を買いました。


歌手、森昌子(51)が今月17日に都内の病院で
子宮の全摘出手術を受けていたことが24日、分かったそうです。
3年ほど前から重い更年期障害に苦しみ、
子宮筋腫と子宮腺筋症も患っていたことから決断したとか。

それにしても子宮全摘って、悩むでしょうね・・・
子宮筋腫って、大きくなると握りこぶし以上になるらしいですよ。
友人から聞いた話なんですが、友人の同僚が子宮筋腫が大きくなりすぎて
カエルのようなお腹になってしまいやはり全摘したとか。
わたしは一度も検査受けたことないのですが、
筋腫あったらイヤだなぁ・・・手術痛そうだし、
その前に検査も屈辱的っぽいし。

検査入院ではFXでなんぼのもんじゃいがいいかもしれません。


子宮全摘出の手術は腹部を10センチほど切り、
縫合まで含め所要時間は約4時間、病室に戻りしばらくすると、
腹部に血が溜まり腫れてきたため、夜、
同じ部分にメスを入れたんですって。
これって医療ミスではないのでしょうか?

今後もFXはシステムトレード日記をよろしくね☆


森昌子、子宮の全摘出手術受けていた!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000031-sanspo-ent

昨年3月には、複数の子宮筋腫と子宮頸がんが見つかり、
同5月にレーザーによる手術で両方を切除、医師は
「筋腫の再発はない」としたが、1年もせず、
再び筋腫ができてしまったとのこと。

定期的な検査が必要ですね。
posted by chiekoS at 15:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。