2010年06月15日

手足口病が大流行だそうです

大変な病気がはやっているのですね。


私の身の回りではまだ「手足口病」に感染した子がいる
という話を耳にしていません。
ですが新年度になり丸2か月が済んだところですから、
そろそろ疲れが溜まる頃でもないかと思うと、
いつ感染が拡大して大流行につながるっても
おかしくない状況だと思います。

今年は「手足口病」の発生件数がデータが残っている過去11年の中でも
最も多くなっている事が国立感染症研究所の定点調査でわかったそうです。

「手足口病」は子どもの口や手足に発疹(ほっしん)ができる病気で
ほとんどが軽症で済む事が多い病気です。
しかし稀に重い合併症を起こすことがあり、
安井良則主任研究官が言うには
「今後の発生動向には注意が必要」なのだそうです。

掃除機ランキングで吸引力にこだわるママもうつってしまったとか。

そういった意味でも手足口病の事をもう少し勉強して、
我が子を感染から防ぐような対策を明日からでも
すぐに始めなければいけないと思います。


手足口病、近年最多ペース=重い合併症に注意―感染研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000042-jij-soci

手足口病は夏に乳幼児を中心に流行する、
ウイルス性感染症で水疱性の発疹が特徴的です。
ほとんどの場合は自然に治る病気なのだそうですが、
合併症などを発症すると髄膜炎や心筋炎などをおこし、
命にかかわる事があるようなので注意が必要です。


どうも羽毛布団の質にうるさい居酒屋店長があやしい。


隣の町の大きな病院では手足口病の合併症で
入院している子どもがたくさんいると聞いたことがあります。

次から次へとウィルスの病気がはやって困りますね。
posted by chiekoS at 23:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。