2010年08月27日

野田聖子議員が体外受精で妊娠15週目

本当にお子さんがほしかったのですね。


かなりお子さんが欲しかったみたいですが、
それだけに産まれてくるであろう子は愛情をたっぷり注がれて、
恵まれた環境ですくすく育つのでしょうね。
ただその子が成人した時の野田さんの年齢を考えると
よく頑張るなあ〜と思ってしまいます。
上手に育てないと可愛がり過ぎて
人の気持ちが分からない人に育つ可能性もあるので、
気を付けてほしいなと思いました。

と言っても郵政相にまで上り詰めた強い女性だから、
きっと子育てもメリハリよく上手に進めていくのでしょうね。

この前の街頭演説は加藤ローサ画像・壁紙ブログがよかったです。

それによると野田氏は現在妊娠15週だそうで、出産予定は2月の中旬だそうです。
野田さんが体外受精を受けたのは今年の5月ごろ、
米国で第三者からの卵子の提供を受け、現在事実婚状態にある男性の精子を使って
受精卵を作り野田さんの子宮へ返したところ無事に着床したようです。

妊娠15週といえばそろそろ安定期に入る頃です。
そのころを見越しての手記の発表なのでしょう。

野田さんは何としても産むと50歳を手前にした出産に
たいそうな意気込みを抱いているそうです。

FXでセレブポンになって出産してください。

野田聖子氏が体外受精で妊娠 週刊新潮に手記発表
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100825-00000600-san-pol

自民党の野田聖子元郵政相が49歳にして第三者の卵子で、
体外受精を受け妊娠している事を記した手記が「週刊新潮」に
掲載される事が分かりました。

参考でした→ジャニーズ大好き

政治活動も大変でしょうが、妊娠出産育児も大変ですよー。
posted by chiekoS at 00:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。